レンズリフォーマー

近年の車のヘッドライトは軽量化と形状複雑化のため樹脂(ポリカーボネート)製になっています。ガラスと違って紫外線により劣化していくほか、小傷等もつきやすいため、年数が経過するとともにヘッドライトが白く曇ったり、黄ばみが生じます。

こうなると車が古びて見えるのはもちろん、ヘッドライトの光量が落ちてしまい、ひどくなると車検に通らなくなることもあります。
このヘッドライトレンズの曇り・黄ばみを取り除き、新車の輝きを復活させるのが「レンズリフォーマー」です。お車の見た目がガラリと変わるので、ヘッドライトの曇りが気になってきた方には大変おススメです。

施工前

施工後

施工内容

ヘッドライトを車体から外す

ライトの隅々までしっかりきれいにするために、ヘッドライトを車体から外します。

STEP
1

表面の劣化した層を磨いて除去する

レンズ表面の古いコーティング剤や劣化した樹脂表層を磨いて取り除き、きれいにします。

STEP
2

ヘッドライト専用コーティング剤を塗布する

磨いただけではまたすぐにレンズが曇ってしまうので、ヘッドライト専用のコーティング剤で塗装します。

STEP
3

組み付け・調整

コーティング剤が硬化したらヘッドライトを車体に組み付け、光軸調整をして完成です。

STEP
4

施工料金

車種価格(税込)
全車種16,500円
※ 価格は全て税込価格(税率10%)